求職者のスキルを把握して転職支援

人材コンサルタントの仕事は、転職を希望している求職者と採用を希望している企業を繋ぐ橋渡しです。この仕事の面白さは企業に求職者を紹介して成約に結びつける交渉力、営業力、コミュニケーション能力が必要になりますが、求職者に対しては補佐的な役回りをします。時には励ましたり、的確に求職者のスキルの把握をし、希望している仕事の適性や年収相場などの客観的な情報を提供したり、アドバイスする中で求職者との信頼関係を結ぶことが重要な仕事です。また、採用企業と求職者の利害関係を一致させ、双方の満足度が最大限になるように配慮するための努力も欠かせません。さらに、面接の設定や諸条件などの調整を行う場合がありますので、スケジュール管理能力も求められます。
幅広い能力が必要ですが、どのような状況でもどのような相手に対しても臨機応変に対応できる人柄である必要があります。多くの企業や職種、求職者と日々接しますので、自然と企業研究ができます。また、企業・求職者双方から厚い信頼を得ることができたときにこの仕事のやりがいを感じます。一度信頼関係ができると仕事もスムーズにはかどるのはご存知のとおりです。また、求職者のスキルや能力を引き出すことが自然に身についていますので、人材コンサルタント経験者は企業内の人事採用担当、キャリアコンサルタントとして大学のキャリアセンター等で仕事をするアウトソーシングの取りまとめやハローワークなどでも活躍の場があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です